知っておきたい貸切バスでの注意事項

予約とキャンセルの規定に注意

貸切バスを依頼するときに重要なのが予約とキャンセルに関する規定をよく確認することです。以前に借りたことがあるから大丈夫という場合でも、規定は刻々と変化していることやバス会社によって規定がかなり異なる場合もあることに留意して今一度確認しておくことが肝心でしょう。予約がいつまで可能かが異なり、二週間以上前という場合もあれば三日前程度まで受け付けてくれるバス会社もあります。その予約時期によって費用が変わる場合もあるので基本的には早期に予約するに越したことはありません。しかし、キャンセルが必要になるとキャンセル料が発生しやすいので気をつけなければなりません。一週間前でもキャンセル料がかかる場合があるので予定が確定しづらいときには注意が必要です。

バスに備え付けの設備も確認

貸切バスを利用するときにはバスを指定することになります。そのバスで本当に大丈夫なのかは決定する前によく確認しなければなりません。設備面で不足があって望んでいるような旅行ができなかったということはよくあるからです。バスはトランクが大きいから荷物が入ると思っていたら、実はトランクがないバスで座席で抱えなければならなかったというミスは珍しくありません。また、DVDを流したいと思ったけれどテレビがなかったり、カラオケをしようと思ったらCDが備え付けられていなかかったりするトラブルもよくあります。バスに必要なものは何かをよく考えて、設備が十分であることを確認してから予約するように心がければ問題はありません。