気を付けよう貸切バスの借り方

遅延した時の補償があるかどうか

一定の集団で旅行をするなら、貸し切りバスを利用するのが良いかもしれません。鉄道などだと乗り換えや待ち合わせなどが必要です。バスなら乗れば後は目的地に向かうだけです。全員はぐれずに行けるでしょう。旅行をするときには一定の目的があります。目的によっては、ある時間までに到着していないといけないときもあるでしょう。道路事情などで所定の時間に目的地に着かなかった時にはどうなるかです。基本的には、遅延の補償がついていません。ですから、遅延したために何かのサービスを受けられなかったり利用できないとしても、その分の補償をしてもらえない可能性があります。目的地に時間までに行きたいのであれば、それを伝えて余裕のある行程にした方がいいでしょう。

出発地と到着地に存するバス会社を利用

貸し切りバスを利用するときは、当然ながら業者の選定をします。ネットからでも多くの会社を選べるようになっています。鉄道会社との系列の大きな会社もあれば、地域にある会社もありますし、個人で運営しているような会社もあります。比較をすると非常に安い業者がありました。そちらに依頼ができるかどうかです。道路運送法と呼ばれる法律があり、それには出発地と到着地を営業医区域にしていない運送はできないとされています。東京から出発するときに東京を営業区域にしていない業者を選択できない可能性があります。埼玉や千葉など近くなら利用できるように感じるかもしれませんが、一応営業区域が決まっています。それを確認して選ぶ必要があるでしょう。

小型のバスを指す意味で使われるマイクロバス、元はトヨタ自動車の商品名でした。それが一般化して定着しています。